--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/07/2010    決意!
少し長いかも(;^ω^)?
**

後期試験の合格発表日の3/20から今まで、色んな道を考えた。
色んな方から話を聞いた。色んな意見があった。


養教になりたいっていう、きっかけになった高3の日々と、
3月、前期の発表~これまで。
どっちも、今までの人生の中でどん底だった気がする。
どっちも、養教になるかどうかの選択に関わっていた。

前の日記で"健康に関する職に就きたい"って書いたと思う。
それは、目の前で助けを求めてる人がいるのに、何もできない自分は嫌だから。
大切な人たちを守るために、私が専門的な知識を身に付けて力になりたいと思ったから。
…人から必要とされたい、っていうのもあるんだと思う。


まだまだ詳しいことはわからない。まだ現時点で決められずにいる。
去年、たくさん私を支えてくれた、慕ってくれた友達はここにいない。
一人になってしまった。怖い。すっごい怖い。
4月のカレンダーを見ると、まだ3月のカレンダーも小さく載ってるんだ。

色々言い出したらキリがないくらい、受験なんて嫌。もう嫌。一人で頑張れる気がしない。
その3月まで、もう1年全力で頑張るなんて、今の私には考えられない。
そんな力は、今の私に残ってない気がする。
だって、外に出たら色んな人がいて、フリーターでだって生きていける。
好きなことができる。遊べる。
私の同級生は、もう社会人だったり、大学3年生だったり、みんなみんな、進んでるんだ。
そんな人たちの話を聞くのは、辛い。友達に合わせる顔がない。


去年何回、心の底から泣いたかな。
何回、予備校の誰もいないトイレで一人で声あげて泣いたかな。

今年は友達の誰もいないあの予備校で缶詰になって勉強…。

正直言って、精神的に耐えられる自信はない。
今年、一浪する女の子たちが、私と話してくれるかな?



これからも、このブログで色々吐き出しちゃうと思う...




でも、決めたんだ。

夢に再チャレンジする。

国立大学を、目指します。

さっきも少し書いたけど、具体的には決まってない。

志望校は…本当、学部も含めて色んな面で決められてない。
(教育学部か医学部の看護学科か)





本当に本当に、不安。
医学部医学科を目指して受験するわけじゃないから、
なんか…ブログでも私みたいな人いないし。
周りに仲間って呼べる人が誰もいない。




小さく載ってる3月のカレンダーを見るたびに、
これから始まる1年の受験生活が想像される。
今までの受験生活で一番辛いかな?

受験は自分との闘いだ、って言うよね。
でも、周りの人たちの支えは本当に力になってくれる。
友達と呼べる人がいないと、私はやっていけないと思う。
甘い考えなのかもしれないけど…でも、そうだと思う。



学校の養教に話に行った時、
"どれくらい結衣さんが養教になりたいかっていうのが一番。
本当になりたいのなら、諦めてほしくない。
でも…"って、養教の仕事の大変さを改めて痛感させられて。
今までも、小論の添削してもらいに行くたびに、
養教の仕事の大変さや、教育現場の大変さを教わってきた。
聞くたびに少しブルーになって(笑)、養教になろうか迷って…

でも、今回またそこで一度立ち止まって、
よく考えて、最終的な結論が出せたんだと思う。



ただ、仕事っていうのはどんな仕事でも大変。
だったら、やりたい仕事に就きたい。
大変さも知った上で…養教の仕事は魅力的だと思います。
人気職であることにも、変わりないけれど。


フリーターになって色んな世界を体験することも確かに良い経験になると思ったんだ。
でも、何度考えても、仕事図鑑とかで仕事調べながら考えても、
医療福祉教育分野の仕事以外は考えられなくてね。
いや…インテリア関係の仕事には前から興味はあったけど、
仕事につなげようっていう発想にはならなかった(物理が無理~。笑)。
それにインテリア関係は、自分の部屋だけでいいや♪みたいな(・∀・)笑
それで"もうやりたいことが決まってるのに、
なんで色んな仕事見る必要があるんだろう?"って思った。


ちなみに、なんで今まで視野に入れてなかった看護学科を考えてるかっていうと、
前は"看護師にはなりたくない!"って思ってたんだけど、
今はそんな気持ちが少し薄れてるから。
"健康に関する職に就きたい"っていう気持ちがある、っていうのもあるのかな?
血は物凄い苦手だけど…
あとは、二次試験で面接と小論(特に小論!!)を受けたくなかったから。笑
養教課程だと、学科試験で入れるのは2校しかないのね。
…このことは、追々書いていくかも。



養教には"どこかで線引きはしないとね"って言われた。
どこで、養教への道を諦めるかってこと。

でも、"(実際養教になるために)何年かかってもいい。
色んな経験した方がいいよ。特にこの仕事はね"って。
先生自身も、本当に色んな経歴を持ってる人だから。説得力がある。





私は、実際に採用試験を突破して仕事に就けた時に、
自分で"向いてないな…。もう続けられない"って思った時が、線引きの瞬間だと思う。
そこで辞めるか辞めないかはわからないけど、そこまでは諦めない。

それか採用試験を何年か受け続けてる時に、
経済的な理由とか、緊急なことがあった時に、また考えると思う。



もしかしたらこの先、大学に行ってからとか、
養教を諦めたくなる瞬間が何度も襲ってくるかもしれない。
でもその時に、"ここまで時間かけたんだから"とかそういうこと考えて良い意味で貫かずに、
その時の自分の気持ちに正直に生きたい。
だから、将来的に他の仕事に興味が出てきて養教以外の道に進みたくなったとしたら、
それはその時また考えたいと思う。
養教になるための道を負担に考えずに、自分に素直に生きたい。




"一人で抱え込まないでね!!いつでも連絡してね!絶対だよ!!"って言ってくれた友達。
もう近くにはいないけど、去年支えてくれた友達に今年も頼るかも。
ってか、頼らないとやってけないかも(´;ω;`)




今週末に予備校に行ってきます。

心配してくださった皆さん、ありがとうございました。
今後とも、こんな私ですが、よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。