--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/03/2010    思うこと。そして
だいぶ落ち着いてきたかも。笑
前にも書いたと思うんだけど、"あと5点で合格だった"っていう夢を見たんだ。
あと5点、ではなかったけど、本当にあと少しだったんだ。

前期で小論と面接、別々で開示されると思ってたんだ。
小論の点数見たかったんだよね。
去年、自分なりにたくさん情報集めたり、考えたり、
新聞読んだり、添削してもらったり、必死だった。

現役生が千葉大の掲示板で質問してるの、前に見ちゃったんだけど、
週に2回採点してもらってて、あと私みたいに色々やってて。
私はさ、浪人だから近くに添削してくれる養教とかがいなくって、
それでも頼んで月に1回、採点してもらいに学校通ってた。
で、養教に関することとかたくさん教えてもらってた。
本当の直前期は、無理言って毎日学校通って添削してもらったり、
面接に関して色々アドバイスもらったり。
そんで、自分の出来なさに泣いてしまったり。笑

先生ってすごいなぁ、いいなぁって思ったのは、
卒業してからの方が大きかった。


私、看護系か養教課程か、すっごい悩んでて
そもそも、なんで去年は養教課程一筋だったのに看護系にしたかっていうと、
小論がものすごく大きくて。
学科試験は答えがあるけど、小論はそれがない。
自分なりに色々駆使して小論対策してきたけど、
やっぱり合否結果わかるまで手応えみたいなものは無くて、
学科試験なら違うんじゃないかなぁ、とか思って。
それに何より、添削も現役生より回数とか少なくなるだろうし、
やっぱり対策しづらいよなぁ…って思ったんだ。
だから、来年の受験を決めた時、"絶対学科試験にしよう!"って思った。

でも。
試験結果を見て、そんな思ってたほど悪くなかった。
後期も普通に良かった。

あれ?これいけるんじゃない?なんて思ってしまう。笑

**

今日お昼に更新した"本当の気持ち"は、
私はやっぱり看護師ではなく養護教諭になりたい、っていうのはもちろん、
看護系の学部ではなく、養護教諭養成課程で勉強したいということ。

本当にそう思った。

進研ゼミの体験記みたいなので、学科の内容とか見れるコンテンツとかあって、
実際に通ってる先輩が色々書いてくれるのね。
それ、見たんだ。
そしたら大学でする勉強が、興味のあるものばっかで、
"あーーやりたいーーーっっ"って思った。

私は体のケア、というよりは心のケアの方が興味あるしやりたくて。





た だ ね。
この間、私が大きく落ち込んでたのは、この小論とも関係があるんですが…
実はお世話になってた養教から、家に手紙が届きました。
私が養教になろうと決めた、慕っている先生です。
ものすごく色んなことが書かれてた。

だから私は、合格するまで先生に会いませんって言うつもりでいた。
いや、嫌いになったとかそういうのじゃなくて、私のけじめとして。
けど!そしたら添削してくれる人いないじゃーん…ってなったわけで。
でもまた添削してもらうにしても会うの気まずい…



とりあえず、今はまだどうするか決められません
でも、看護学科に行って、ただでさえ忙しい看護学科なのに、
それプラス@で養教の免許をとるとなると・・・・・
実際に養教になってる方たちもいるとはいえ、卒業生の就職欄を見てもすごく少数だし、
不安もすごくあって。
受験勉強で大学に受かるかどうかの不安はそりゃあるけど、
大学入ってからの忙しい毎日、
そして看護師として働きながら養教を目指すのは並大抵のことじゃないってこと、
色々不安が大きくて

実を言うと、親も"養教課程の方がいいと思う"って言ってたんだけどさ~…

私もやっぱり養教課程がいいと気付いてしまったし
(いや…本当はわかってたけど蓋をしてたんだよ…笑)


小論とかそういうの全部抜きにしたら
大学で勉強するのは養教課程がいいです。本音。


小論の添削はね、すっごい良いサイトが見つかって、
やるならそこを利用したいって思ってる。

看護か養教課程か、って問題に絡んでくるのは、
センターの科目もなんだよね
千葉大挑戦したいなぁ~
でも、正直厳しいです
でもやっぱり今でも千葉大好き。笑

ねぇ、どうしよう。。
色々絡まりあってて混乱中...(=_=)





うーん
とにかく、あと11点のために私は今も受験生ってことがわかったので(T_T)
センター、とにかくセンターですね。
成績開示して、身が引き締まったよ、本当。
久々に長くなった。

ここまで読んでくれた方、どうもありがとう。笑





良かったらクリックお願いします(・∀・)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。